記事一覧

中国茶会のご案内  逢茶会 ~おうさえ~

逢茶会 ~おうさえ~お茶との出逢いを楽しむ時間。中国茶を2種類、淹れさせていただきます。7月26日(金)各回定員4名① 11:00~12:30 満席② 15:00~16:30 残席17月27日(土)各回定員4名① 11:00~12:30 満席② 15:00~16:30 残席17月28日(日)各回定員4名① 11:00~12:30 残席2② 15:00~16:30 残席3お席代 3,000円(税込)お問い合わせ・お申し込みはkanncha702★gmail.com(★を@に変更してください)またはFBのメッ...

続きを読む

文月 清坐ノ日

立葵7月の”清坐ノ日”のご案内です。 『清坐ノ日』”目の前のお客様に、お茶を淹れる”・・・シンプルにそれだけの時間です。自分のお茶淹れを顧みる時間にしていただければと思います。定員4名の参加者は、交代で主人となり、他の参加者の方をお客様としてお茶を淹れます。持ち時間は、30分。自ら茶席を整え、ご自分のペースでお茶をお淹れください。経験の長さやスタイルに制限はありません。お茶の淹れ方を教授するものではありま...

続きを読む

6月のお休み

藤野に住んでいたころ、ご近所のKさんからいただいて挿し木した紫陽花。名前があるはずですが、ちょっとわかりません。可愛いです。Kさんは、団地の斜面に紫陽花を植えて、挿し木してまた植えて・・・30年くらい続けていらっしゃいます。その斜面では、一年中作業をするKさんの姿を見ます。そしてこの時期、斜面いっぱいに200種類以上の紫陽花が、見事な花を見せてくれているはず。花の時期にお会いすると、”見に来る?”と声をかけ...

続きを読む

水無月 清坐ノ日

小泉敦信さんの梅瓶は、一途な佇まい。小泉さんの人柄でしょう。6月の”清坐ノ日”のご案内です。 『清坐ノ日』”目の前のお客様に、美味しいお茶を淹れる”・・・シンプルにそれだけの時間です。自分のお茶淹れを顧みる時間にしていただければと思います。定員4名の参加者は、交代で主人となり、他の参加者の方をお客様としてお茶を淹れます。持ち時間は、30分。自ら茶席を整え、ご自分のペースでお茶をお淹れください。経験の長さや...

続きを読む

大切なもの

大切な茶壺の為のお仕覆を、作っていただきました。布の茶道具を作られる作家清水美佐さんの作品です。misashimizu美佐さんから、”もしテーマがあったら教えてください”と聞かれました。それは、お仕覆を作っていただこうと思った意味を、自分なりに辿ってみる機会をいただく事となりました。美佐さんにテーマを話した後、いくつかの布を見せていただいて選んだ古布は紗綾模様。ずっと人の生活に寄り添って使われてきた古布は、そ...

続きを読む