記事一覧

10月19日午後は”貸切り”となります & 旅立ちを待つチャコ

急に涼しくなってしまいました。
来週は、お茶のメニューも少しホカホカ系にしなければ・・・。



こちらは、満水で70㏄程の小さな紫砂壺。
いつ頃の制作かはわかりませんが、最低でも30年くらい前かと思います。
数十年ほど台湾で働いておりました。
良いお茶を淹れていたんでしょう・・・大事に、そして可愛がられながら使われていたことが感じられます。
その後中国に帰国。
そして、私と一緒に香港・日本と渡ってまいりました。

注ぎ口の丁寧で細やかな仕上げは、見た目の味わいになっているだけでなく、茶湯の出方も気持ちよいです。

閒茶の棚の下の段、真ん中あたりにおりましたのを、ある素敵な女性に見つけてもらってお取り置き中。

DSC01097.jpg

蓋のはかまには、うさぎさん款。

DSC01101.jpg

これからも、自由に跳ねるように良いお茶を淹れてちょうだい。

10月19日午後は”貸切り”となります。
宜しくお願い致します。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kanncha

Author:kanncha
閒は閑  静かな気持ちで飲むお茶
閒は間  自然と人の間のお茶
     人と人の間のお茶
     自分と自分の内面の間のお茶

上野桜木の小さな中国茶喫茶室 閒茶です

最新コメント