記事一覧

春茶も少しずつ到着

店舗ガラス窓の前の狭いスペースで、藤野の庭から持ってきた”春咲きシュウメイギク”が咲きました。
毎年春から初夏にかけて、この可憐な花の開花が楽しみです。
見かけよりも丈夫なので、上野に根付いてくれることを願って。



さて、文山包種の春茶が届きました。
春咲きシュウメイギクと同様、毎年この上品なお茶が楽しみです。

現在店内でお飲みいただけるお茶のご紹介です。

群青 ぐんじょう  台湾烏龍茶 貴妃茶 阿里山
雲珠 うず     台湾高山烏龍茶 阿里山頂湖
陽光 ようこう   台湾烏龍茶 東方美人
凛   りん    台湾烏龍茶 文山包種 2017
凛(熟成)    台湾烏龍茶 文山包種 2012
静心 せいしん  武夷岩茶 白瑞香 福建省
巻雲 けんうん  武夷岩茶 金佛 2007 福建省
薫風 くんぷう  鳳凰宋種単そう 広東省
蒼風 そうふう  鳳凰銀花香単そう 広東省
寧静 ねいせい  雲南白茶 月光白 雲南省
円か まどか   普洱茶 2012年孟海古樹熟茶

”凛(文山包種)”は到着したばかりの春茶と、2012年の熟成タイプの2種類があります。
熟成タイプは、香りが甘く穏やかなお茶に変化しています。
飲み比べも楽しいですね。

下の画像は、”蒼風(銀花香単そう)”。
今年の春茶ですが、大変青い単そうです。茶葉もほぼ緑。

蒼風

さっぱりとしているので、単そう好きには平坦な味わいに感じられるかもしれません。
でも、決して”ぼやっとした味”ではありません。単そうの強さは充分にありますので、淹れる時に油断はできません。
香りは、キラキラと華やかです。
夏が過ぎたころの味わいが、また楽しみです。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kanncha

Author:kanncha
閒は閑  静かな気持ちで飲むお茶
閒は間  自然と人の間のお茶
     人と人の間のお茶
     自分と自分の内面の間のお茶

上野桜木の小さな中国茶喫茶室 閒茶です

最新コメント