記事一覧

黄龍山泥料 旧壺

黄龍山黄朱泥②

この旧壺、嘴がなんだか気取っています。
付け根から太さがあまり変わらないので、細く感じますし、取って着けた様に見えるかもしれません。

でも、お茶を淹れる時、茶湯はとても綺麗な弧を描きます。
それが狙いなのかしらと、思ったりします。

泥料は、黄龍山朱泥です。
製作年代は2000年代以降の当代のものです。
黄龍山は優れた泥料が採掘されたことで知られていますが、この旧壺を入手した時には既に閉鎖され人工湖の様でした。
黄味を帯びた落ち着いた色の朱泥です。

口径  47㎜
高さ  66㎜(摘みをいれて)
幅   90㎜
長さ  135㎜(注ぎ口の端から持ち手の端まで)
容量  135㏄
価格  35,000円(税別)

黄龍山黄朱泥①

店内で、お湯を入れて手に合うかどうか、お試しいただけます。





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kanncha

Author:kanncha
閒は閑  静かな気持ちで飲むお茶
閒は間  自然と人の間のお茶
     人と人の間のお茶
     自分と自分の内面の間のお茶

上野桜木の小さな中国茶喫茶室 閒茶です

最新コメント