記事一覧

チャコの旅立ち

80年代に第一工場で作られた茶壺。蓋のつまみや持ち手・注ぎ口は竹の意匠です。落ち着いた紫泥の生地に、舗砂という技法で表面に黄色っぽい顆粒が点状に補われています。丁寧に制作された、とても良い茶壷です。大阪からお仕事でいらっしゃったというお客様は、とても丁寧な所作でお茶を淹れられていました。お忙しい生活の中でお茶のひとときを大事にされているとお聞きして、豊かな感性の方なんだろうと感じました。そしてチャコ...

続きを読む

一か月って、なんて早いの!&今月のお休み

オープン時にお祝のアレンジにいただいたミモザも、ドライになって”このままでは桜が咲いてしまう!とにかくオープンするのだ!(バカボンパパ風に)”と、オープンしてから一か月。花冷えの空の下、10時の開店前にいつもお参りに行く大黒天の境内の桜が二分咲き。綺麗だなぁと思いました。まだまだ至らないところばかりですが、お茶を楽しんでいただける場所になるように努力いたします。本当に皆様のおかげです。ありがとうござ...

続きを読む