記事一覧

寒い日

月曜日の東京の雪・・・そしてその後の寒波。氷になってしまった日陰の雪が、まだまだあちこちに残っていますね。沢山の雪が降り続いている地域の皆さん、どうぞ気をつけてお過ごしください。今日は、丹精のこもった炭火焙煎の生み出すまろやかさが身体に嬉しい、そして、その豊かな茶湯がお腹の底に到達した時、本当の暖かさを感じさせてくれる台湾烏龍茶をいただいています。丹霞 (たんか) 台湾凍頂烏龍 炭火焙煎繊細な深い...

続きを読む

蓮花茶

台湾の有機蓮花茶です。花一輪を碗泡で、お湯を2〜3回足しながら召し上がっていただけます。ほんのり黄色い茶水は、穏やかな味わい。波紋 はもん (茶菓小皿セット 920円税別) 家人が、閒茶にミニチュア動物を配しております(皆さん、結構気づかないんですけれど)。こっそりと、新しい子たちが増えておりました。物陰に”象”とか茶杯の中に”ペンギン”とか茶箪笥の上に”カバ”とか”お子さんが欲しがったらあげてね”と言われて...

続きを読む

新顔のお茶

季節の移り変わりとともに、お茶のメニューも少しづつ変わっていきます。冬茶の終了でしばらくお休みのお茶もありますし、春茶として新しく登場したお茶もあります。閒茶でお出ししているお茶には、それぞれに名前がつけてあります。これは、先生から”お茶に銘をつけると、普段中国茶を飲まない方々にも、どんなお茶かイメージしていただけますよ”と、アドバイスをいただいたことが始まりです。そのお茶の良いところ、飲んでみて自...

続きを読む

日照(にっしょう)緑茶 

暑い日には、お客様にとりあえず喉を潤していただく為に、日替わりで水出しのお茶を作ります。今日のお茶は、山東省日照(にっしょう)の緑茶です。日照の緑茶といえば、昔から”雪青”というお茶がありました。旨みがあってとても美味しいお茶です。こちらのお茶はいただきもので販売用ではありません。日照有機無公害緑茶としか書かれていなのですが、雪青の味。本当はキンキンじゃなくて”ほんのり冷えててひんやり”位が甘みも旨み...

続きを読む

春茶も少しずつ到着

店舗ガラス窓の前の狭いスペースで、藤野の庭から持ってきた”春咲きシュウメイギク”が咲きました。毎年春から初夏にかけて、この可憐な花の開花が楽しみです。見かけよりも丈夫なので、上野に根付いてくれることを願って。さて、文山包種の春茶が届きました。春咲きシュウメイギクと同様、毎年この上品なお茶が楽しみです。現在店内でお飲みいただけるお茶のご紹介です。群青 ぐんじょう  台湾烏龍茶 貴妃茶 阿里山雲珠 うず...

続きを読む