記事一覧

studio fujino 木のトレイ

7月31日より二週間ほどの予定で、studio fujinoさんのトレイを展示・販売いたします。端正な作品は、中国茶席にも溶け込み、他のお道具も品よく見せてくれます。水ガラス系の塗装が施され、耐水性が有ります。丸 小 直径約180㎜ \7,000(税別)~丸 中 直径約240㎜ \11,000(税別)~丸 大 直径約300㎜ \13,000(税別)楕円 中 約235㎜×180㎜ \9,000(税別)~自然な表情を活かした高台付き小皿 直径約110㎜ 高さ約3...

続きを読む

木のトレイ  studio fujino

神奈川県相模原市緑区佐野川で制作をされているstudio fujino 藤崎均さんの木のトレイです。4月にご紹介できることになりました。端正なフォルムは繊細でスタイリッシュ・・・同時に、木のぬくもりと味わいが魅力です。水ガラス系の塗装が施されており耐水性があります。お茶がこぼれても大丈夫。お菓子をのせても大丈夫。細長いトレイ  450㎜ × 90㎜上 オオバボダイジュ ¥10,000(税別)  下 紅葉         ¥8...

続きを読む

深圳で

今月初めに所用があり、数日香港滞在の機会がありました。10年以上前に生活していた香港は、いたる所で古いものが壊され開発されリニューアルし。常に変化し続けなければならない運命なのね・・・と感じます。けれどお茶に対する姿勢は、以前と変わらずニュートラル・・・と感じます。少し時間が出来たので、深圳の茶葉世界の様子をうかがいに出発。大陸に行く機会のある皆さんは、すでに感じられていると思いますが、とにかく茶器...

続きを読む

蛋殻杯

レトロ感たっぷりの茶杯70年代から80年代に作られた蛋殻杯です。ピンポン玉を半分にしたような形。とても薄手です。紅梅の絵付けはさらっとした手描きで、一つ一つ微妙な違いがあります。杯の縁には、細く金彩があしらわれています。在庫は15個ほどございますので、いくつかまとめてご購入の場合は、ご覧になってお選びいただくと良いかと思います。在庫は4個となりました 紅梅の反対側は”清香”の文字。これはスタンプ押しです。...

続きを読む

紫砂壺のご紹介&臨時休業(9/4~9/8)のお知らせ

良い朱泥の紫砂壺です。梨型がつぶれたような形です。背の低い君徳と言った方が、近いでしょうか。泥料が良質な上に、口が大きくて使いやすさも兼ね備えています。使いやすいと登場する回数も増えて、どんどん育って、更に愛着がわきますね。この茶壷が育ったら、どんなに可愛いでしょう・・・想像して悦に入ってしまいます。W(胎の一番太いところ)83mm  L(注ぎ口から持ち手の端まで)120mm  H(摘みの上まで)60mm 口径55mm...

続きを読む